片手間副業で、毎月300万円を稼いでいる青木愛弥の株式投資 錬金術。

2年で1億円を目指す《お金の学校》

株式投資と聞けば、難しい・・・・と思われているのですが、

実は、私・「青木愛弥」はチャートを見るだけで

一瞬で株の動きを判断する事ができるのです。

その結果、2年で1億円・・・・・。

この驚く程簡単な、株式投資錬金術で、お金を生み出す錬金術をお伝えしています。

 

青木愛弥の株式投資錬金術

株のチャートには株価の動きを読み取れるサインが表われています。

そこで、株を売るか買うかを判断をする際に確認する項目は6つあります。

青木愛弥の株式投資錬金術では、チャートを見て、 6つの項目をチェックしていき、 項目に当てはまっていれば売買を行う。たったそれだけです

書店に並んでいる株の本なんて読む必要もありません。

専門的な事を学ぶ必要もありません、やるべきことについては、6つの項目を守りルールに従って買うだけなのです。

 

3つの基本をみにつければ、片手間副業で毎月300万円を稼ぐ事は難しくありません。

1・優良銘柄を選び出す。

東証一部に登録されている株は約1700社、1つの銘柄チェックの時間はわずか10秒で済みます。

株式投資で選ぶ銘柄は、その会社がどのような事業を行い、 将来有望なのかを知る必要はありません、 直近で上昇しやすいのか?がわかればいいのです。

2・チャートを見て6つの条件に当てはまったら、売る又は買う。

当てはまる条件によって、起こす行動が違います。

たとえば、4つの条件以上が揃わなければ絶対に手を出しません、なぜなら、それ以下だとリスクが大きくなりすぎるからです。

ロスカット(損切り)が続くと、 例え少額の損でも気分が落ち込んできますから・・。

3・出口を決める。

この出口のポイントもチャートに明確に表示されていますので、あなたはわざわざ悩む必要は ありませんし、もうちょっと伸びるかも・・・と期待が膨らんだりする事もありません。

ルールに従って淡々と売買すればいいだけなのです。

この株式投資法を使えば、大暴落に巻き込まれる事もほぼありませんし、大きく負ける事もまずありません。

1年で、資産が2倍以上になるわけですから、あせらなくてもチャートを見極めればいくらでもチャンスはあるのです。

 詳しくはこちら ↓ ↓

【お金の学校】2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術

 

株価は直接的には投資家の売買注文によって決まる

つまり株価は、需要と供給のバランスで値動きしています。

需要(買いたい人)が供給(売りたい人)を上回ると、売る側は強気になり、価格は引き上げられます。

逆に、需要が供給を下回ると、買う側が強気になり、価格は引き下げられます。

ある銘柄の株価が決まるしくみも同じで、需給と株価の関係は次のようになります。

買いたい人が増えると、売りたい人は強気になって値上がりを待ってから売るので、株価は上昇します。

逆に、売りたい人が増えると、買いたい人は強気Iこなって値下がりしてから買うので、株価下落するのです。

つまり、株価は直接的には、投資家の売買注文(投資行動)によって決まるというわけです。

株の実際の取引量は、「出来高(売買高)」と「売買代金」でわかります。

「出来高」と「売買代金」のどちらも株式市場ごと、銘柄ごとに毎日発表されています。

出来高とは、証券取引所で売買が成立した株数のことで、。たとえばある銘柄の株をAさんが1万株売りに出し、Bさんが5000株、Cさんが5000株買ったとします。

これで取引は成立ですから、出来高は1万株になります。

つまり、出来高は多ければ多いほど活発に取引されていることを意味するわけです。

一方、売買代金とは、証券取引所で売買が成立した金額のことで、個別の取引ごとに、売買が成立した値段に株数を掛けて求めます。

たとえば、株価が5000円で1万株の売買が成立すれば、売買代金は5000万円です。

1日に成立した取引を合計し、その日の売買代金を算出します

 

片手間副業で毎月300万円を稼ぐ青木愛弥の株式投資錬金術の講座概要

システマチック損切りの手法
株式投資のはじめの目標は「負けない投資家」になる事で、その為にする事は、損切りポイントをマスターする事です。
10秒でできる優良銘柄の選び方
青木愛弥の株式投資錬金術では、10秒もあれば判断できるとても簡単なルールとなっています。その銘柄選びをルール化しました。
ゼロから始める株式投資の手順
株式投資の初心者でもできる株式投資の始め方。ルールをそのまま忠実に行うことだけに集中して頂ければ、初心者ほど一番スムーズに成長できるかもしれません
大波の中の小波を乗りこなすグランビルの法則
株式のグランビルの法則を理解すれば、大相場の中にある小相場にもキレイにのれ、多くのポイントで利益をあげる事ができるでしょう。一流のトレーダーのように、大きく勝てる人ではなく、あらゆる相場で自分の欲しい利益をきちんと出せる様になるでしょう。
大相場に発生するデッドクロスサインとは
リーマンショック、ライブドアショック、東日本大震災など、誰でも知っている大ニュース時、株式市場はとてつもないスピードで急下落します。窮地に対応できない投資家たちは借金を背負うほどの大打撃を受けました。その時、デッドクロス サインが強烈に輝いていました。私は、デッドクロスサインが出たら瞬時に手仕舞います。これで大怪我する事がないのです。
大きな視野と小さな視野で相場の全てを知る
現在の流れを大きな視野で捉えて、相場はどこに向かおうとしているのかを、相場に入る前に必ずやる事です。近視的に相場を見ると上がるぞ!と思っていても、日足や週足で見ると相場の流れは明らかに下がっている!多くの負け組み投資家は超近眼的視野でしか相場を捉えていません。相場を大きな視野で見ること、一歩下がって見れば全体の流れをハッキリと把握することができるのです。

このように株初心者でも株の基本から学べる内容となっています。

 

出来高の推移は株価予想の判断材料こなる

出来高は株数で示す取引量であるの(こ対し、売買代金は金額で示す取引量です。

これらはそれぞれ、銘柄選びや株価の動きを予想するときの参考になります。

具体的にいうと、出来高は次のように、個別銘柄の株価の動きを予想するときの材料となります。

株価が低迷していた銘柄の出来高が増えてきた場合は、投資家の注目度が上がってきて、今後株価が上がる可能性がある。

出来高と株価が上昇傾向にあった銘柄の出来高が減ってきた場合は、投資家の注目度が下がってきて、今後株価が下がる可能性がある。

 

人気銘柄は売買代金ランキングでわかる

売買代金のデータも、出来高と同じように活用できます。

また、売買代金を大きい順に並べたランキングは、多くの投資家が注目して、活発に取引されている銘柄を探すときに役立ちます。

このようなランキングを「株式ランキング」といい、出来高も同じように順位が発表されています。

しかし、出来高の場合、上位なら取引が舌発だとは限りません。

銘柄によって売買単位が異なるため、順位だけで単純に比較することはできないのです。

このため、人気銘柄を探すときは通常、売買代金ランキングを参考にします。

一般に出来高や売買代金の大きい銘柄は、多くの投資家に注目されている人気銘柄といえます。

しかし、悪いニュースで注目されて売り注文が殺到した場合でも、取引が成立しさえすれば出来高や売買代金が大きくなることがあるので、注意が必要です。

このように、出来高や売買代金の増減は、今後の株価の動きを予想するときの重要なチェックポイントになります。

 

やさしいお金の増やし方青木愛弥の株式投資錬金術

あなたが株が未経験であったり初心者であっても、青木愛弥の株式投資で金が自分でお金を稼いでくれると言う事を学んで頂きたい。

「株」と聞いただけで「分からない」「難しい」「自分には無理」というイメージを持ったかもしれませんが、青木愛弥の株式投資錬金術はやさしいお金の増やし方となっています。

まずは練習しチャートを読むスキルをしっかりと身につけ、そして月利10%を達成したら、次は20%を目指すというように階段を上っていきましょう。

あせらなくても大きく稼げるチャンスはチャートを見極めればいくらでもあります。